2012年12月25日

ターミネーター

1/4スケールというボリュームで、映画『ターミネーター2』の後半でT-1000にボロボロにされてしまったバトルダメージ版T-800が登場。

1/4 HD マスターピース コレクション/ ターミネーター2: T-800 バトルダメージ ver HD-1013 単品[エンターベイ]《03月仮予約》


エンドスケルトンが見えるまで皮膚がめくれた状態となり、最新ターミネーター(T-1000)と旧型ターミネーター(T-800)で繰り広げられた壮絶なバトルを思い出させるダメージ加工の頭部やコスチューム。

LED搭載によりライトアップする右目、ちぎれてしまった左腕、金属製銃身で重厚な質感のM134ミニガン、最期のシーンで魅せる「サムズアップ」な手首など、フィギュアファンはもとより映画ファンも納得させるエンターベイ至高のアイテム。



ホットトイズの最上位ブランドである「DX(デラックス)」シリーズに、SF映画の金字塔『ターミネーター2』がラインナップ。名優アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800が、ファン待望のバトルダメージ版となって、豪華なアクセサリー&PERS(眼球可動システム)を擁し、再び送り込まれる。

全高約32センチ、30箇所以上が可動するフィギュアは、身を挺しT-1000から少年ジョンを守った姿を見事に立体化。
ヘッドパーツは2種類が付属。1つ目は、眼球可動システムPERSを搭載したダメージヘッド。2つ目は、右目部分のエンドスケルトンが露わになったヘッドで、左目は眼球が可動、右目はLEDライトアップ機能を搭載している。
どちらも、アーノルド・シュワルツェネッガーの肖像権をクリア。
ボディは、胸や膝の生々しい傷口から金属パーツが露出し、左前腕部は差し替えることで、シリンダーなどメカニカルな骨格がむき出しになった姿を楽しめる。
革ジャケットは左腕部分が破れたバージョンも付属。
液状化し攻撃を回避するT-1000のスタチューも同梱しているので、SF映画史に残る屈指の対決シーンを、余すことなく演出することができる。
posted by 比呂 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309880653

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。