2012年05月23日

究極のウルトラセブン

ウルトラセブン生誕45周年、そしてCCP1/6シリーズでは偶然にもVol45.に発表されるスーツアクター上西弘二が担当した本編登場のウルトラセブン(14、15話はきくち英一担当)


くしくもCCP設立10周年目の時を経てようやく前回のウルトラマンCタイプ(古谷 敏)そして今回の本命セブンの立体化に着手出来たのはそれまでの経験と裏腹にとても難しい作業だと認識していた。


ウルトラセブンが誕生し45年間、映像や雑誌等で写真を見慣れたファンにとって、もはやキャラクターではなく人物同様、顔の輪郭から目や口の位置が数ミリ異なるだけで、それはもうウルトラマンやセブンではなくなってしまう。
まして、映像と共に体の等身や体形までの比率がファンの脳裏に刷り込まれている以上、全身を他の素体やドールの代用では違和感を感じさせてしまう。

体全身が「顔」と同じくらいの緻密さを要求され尚且つファンの持つ脳内の「イメージ」までを考慮した立体化を要求される。

だからこそ立体化の着手に技術向上と資料の収集や「イメージ」の最大公約数の10年もの時間を要した。

今回、エレキング(湖のひみつ)の回に登場したセブンは本編では第三話。
事実上の収録は第一回目の撮影でスーツも傷みがない奇麗な物。
また当初、口が別成形で動かすことを想定していたので上下の唇に隙間が空いているのも特徴的。
他にはアイスラッガーの前面や耳下部の凹や溝、エネルギー吸収版も当初ラテックス素材で粗い表面となっている。

また、スーツを製作した当初、後頭部のチャックが頭頂部まで上がらず、途中までしか閉まらなかったことも知られざれる事実でもあり、本編映像やスナップ写真からも判断が出来る。

45年の時を経て今ようやくここに立体化される対エレキング戦Verのセブン。

後世に残る立体資料を是非、その手に。




商品名: CCP1/6特撮シリーズEX ウルトラセブン生誕45周年記念
究極のウルトラセブン(対エレキング戦)ハイグレードVer (発光ギミック付き)
価格: 14,980円(税込15,729円)
サイズ: 全長約29cm
仕様: セブンの目とビームランプは点灯式LED(スイッチ式約25秒発光、電池は付属)
箱入り予定、彩色済み完成品(実際のスーツと思うようなハイグレード彩色)
素 材: PVC、LED、リジュウム電池
posted by 比呂 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。