2011年09月19日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

劇中アクション完全反映! 新「仮設5号機」!

リボルテックヤマグチ No.112 Evangelion Evolution エヴァンゲリオン仮設5号機 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より[海洋堂]《予約商品11月発売》

劇中のアクションをフィードバックして可動を強化!!EvaEvoスペックで再登場のエヴァンゲリオン仮設5号機。
過去商品にくらべて、胴体や脚部など各部のジョイントを大きい物に強化変更。脚部や腕部をガッチリ保持し、派手なアクションポーズが可能になりました。より深くかがみ、よりのけぞらせることができます。
第3の使徒ディスプレイが付属。ディスプレイの槍部品をエヴァ仮設5号機の腕に取り付けて、アケロンエリアでの激闘シーンを再現。
第3の使徒ディスプレイ背面にはマグネットを装備。実際に鉄面に貼り付けて飾る事が可能。
エヴァ仮設5号機の脚部先端のタイヤを、通常時と回転状態に差し替え可能。回転状態にすると、フィギュアを転がし走行させることができます。
エヴァ仮設5号機の頭部は、咆哮状態と通常時の2種を選択可能。
胴体下部の二本のカバーを着脱すると、劇中同様ドリルを露出できます。
両肩パンタグラフを4mmジョイントで接続、上下左右に動かせます。
背部ブースターにエントリープラグ部品を取り付けると、劇中の脱出シーンを再現可能。



エヴァンゲリオンを操縦する際に頭に着けるインターフェイスを厳密に立体化しました!
中空成形で軽く、バレッタ金具付ですぐに髪に着けることができます。コスプレにはもちろん、普段使いのアクセサリーとして、アスカのようにいつも着けて下さい!



1年半振りに『新劇場版』に突入!人気の高いテストプラグスーツ姿のアスカを新規造型で投入しつつ、次弾と揃えて5人のメインキャラクターが並ぶ、2弾連動合体ラインナップのうちマリ・カヲルを投入!
アンコール再録となる私服アスカは表情・髪型を新規で造型し、『破』の公開を終えた今だからできる、よりツボをついた仕様で商品化致します!



RIOBOT CREATION エヴァンゲリオン初号機は小松原博之(studio RECKLESS)が原型を担当。
独自の解釈を加えて初号機のフォルムを新規造形。
ストイックなまでに突き詰められたアウトラインと、ダイカット彫刻が施されたクリアパーツの美しさが特徴です。

全身22箇所が可動するアクションモデル。
有機的な解釈で造形された太もも等は、PVCを使用し複雑な3次曲面を艶かしいまでに立体化。

各部のクリアパーツの内部には、独自解釈のダイカットモールドが彫刻。
装甲部分にはABSを使用しシャープな造形を精密に再現。
posted by 比呂 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新世紀エヴァンゲリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226616842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。